健康という結果のでる食教育

ホーム > '総合NEWS'

(2018 年 11 月 10 日)

暑かった今年の夏、約10万本のひまわりが咲いた埼玉県蓮田市の根金で、埼玉近在の子どもたちと芋掘り、料理作りのイベントを行いました。

指ほどの小さな芋からスーパーで売っている芋の5〜6倍はあろうかという巨大なさつまいもまで、全部で100本以上の収穫がありました。


食医食のメンバー3名と地元のお母さん2人は、子どもたちが芋掘りをしている間に芋煮鍋の準備です。

前日から洗って乾かした里芋。畑でとれたての人参、大根、キノコ、長ネギ等々、材料にあまり費用がかからなかった分、出汁だけは高級なものを使います。そして出汁が濃いめなので、醤油と味噌は少なめに。塩分控えめですね。ご飯はサツマイモごはん。カリカリの梅干しの皮をみじん切りにして、炊き込みご飯にしました。

芋掘りから帰った子どもたちは、食医食スタッフからエプロンをプレゼントされ、とても喜んでいる様子でした。

子どもたちが挑戦したのは、油揚げの袋の中に納豆とチーズを入れ、楊枝で止めてフライパンでカリッと焼いたものです。みんな真剣に取り組んでいました。ご飯はおにぎりにして、豪華なランチタイムとなりました。

秋の日を浴びて外で食べる食事は「普段よりも数倍おいしい!」との感想も。食事が終わると事務所に移動し、食医食の平井師範が子どもたちに向けて「食の大切さ」をお話ししました。

そのひとつは「9品目+海草をどれくらい食べたか」のチェックです。食の大切さを今から知っておくことは、大人になって必ず役に立つはずです。

最後に、夏に咲いたひまわりから落ちた種よりまた咲いた花を前に皆で記念撮影を行い、充実した一日が終わりました。

(食医食事務局 松山)

(2018 年 11 月 5 日)

平成30年10月30日、毎年、東京・霞が関ビルで執り行われる「四條祭 顕彰授与式」へ食医食スタッフと関係者8名(松山、石川、藤本、山田、平井、長渡、吉田)で参加させていただきました。

c646231942a97d14f519bdb09e1283f50_4620693218520117771_181104_0003

c646231942a97d14f519bdb09e1283f50_4620693218520117771_181104_0007

c646231942a97d14f519bdb09e1283f50_4620693218520117771_181104_0008

セレモニーでは、平安時代から1200年の時を経て受け継がれた素晴らしい「庖丁式」を拝見しながら、食医食とのご縁の素晴らしさを実感致しました。庖丁式は、生類供養の目的から医食同源の思想へ、そして医学に繋がる和食へと研究されてきたとのことであり、今回はロンドンでの活動がビデオで紹介されました。

和食は健康食として、ユネスコ無形文化遺産に認定され、この日も庖丁式を研究されているというポーランドの留学生の参加もありました。

c646231942a97d14f519bdb09e1283f50_4620693218520117771_181104_0004

c646231942a97d14f519bdb09e1283f50_4620693218520117771_181104_0005

日本食医食協会は四條司家と出会ってから12年になります。伝統文化・料理道の継承と、日本人の健康を左右する家庭料理の必要性とのコラボレーションを目指してきました。

神崎代表が3年前に「四條流料理道最高位総範(参考動画はこちら)」をいただき、各方面で四條流料理道のメッセンジャー的役割を担っております。今回神崎は渡米中の為、アメリカより「お祝いの言葉」を食医食事務局主任平井に託し、ご列席の皆様にご披露いたしました。

CSC_0046

 

神崎代表は一足先に和食の確かさを世界に向けて発信し始めました。私達食医食のメンバーも身近な所からの発信を始めなければとの熱い心を抱いた一時でもありました。(平井)

c646231942a97d14f519bdb09e1283f50_4620693218520117771_181104_0002

IMG_4370

 

(2017 年 7 月 27 日)

卯の花(おから)粉末は便利なのでよく使用します。卯の花は「豆腐のカス」と誤解している方が多く、栄養がないと思っている話をよく耳にします。

これは、とんでもない誤解です。
大豆タンパクのイソフラボンや食物繊維がとても多く、優れた食材の一つと言えるのです。

ただ、生の場合は即日使用をしないと腐りやすい食品でもあります。
そこで私は、無添加の乾燥卯の花を常備しており、いろいろな料理に(例えばハンバーグやつくねのような肉料理のつなぎとして)使っています。

今回は餃子の皮があったので、あり合わせの具材で「卯の花ぎょうざ」と「卯の花ハンバーグ」にしてみました。

 

続きは以下でどうぞ。

食医食ブログ 夢風レター「2品同時に作る卯の花料理」

(2017 年 7 月 25 日)

宮内庁大膳課のこぼれ話のご紹介:
普段の日の天皇陛下のご公務は午前9時半頃から夕方5時まで。お住まいの吹上御所からお出掛けになって、宮殿という建物で公務をなさいます。

昼食は一度、宮殿より吹上御所に戻られるそうです。大膳の厨房から吹上御所にお食事を運ぶ事が回ってくるのが11時だそうです。

ご公務をされる宮殿から吹上御所までは徒歩で5~6分の距離ですが、陛下は途中で様々な植物を観察されたりするので、なかなか時間が計れず、そこで、陛下のおそばで警護をする側衛さんと連絡をとりながら「食事」の時間を調整されるそうです。

<アスパラ牛ロース巻きの鍋照り焼き>

材料(2人分)
牛ロース薄切り 4枚
アスパラガス 4本
薄力粉 適量
サラダ油 大さじ1

A
薄口しょうゆ 大さじ1+1/3
酒 大さじ1+1/3
みりん 大さじ2

 

続きは以下でどうぞ。

食医食ブログ 夢風レター「天皇陛下料理番の和のレシピ4」

(2017 年 7 月 19 日)

宮内庁大膳課のこぼれ話のご紹介:
お食事はいつも5〜6人分を準備され、両陛下のほか、栄養チェックする侍医さんの分、予備とお代わり分を作られるそうです。陛下がお住まいになっていたところは吹上御所という建物で、お食事もそちらの御食堂で召し上がられるそうです。

<にんじんと里芋の炊き合わせ>

材料(2人分)
にんじん 60g
里いも  2個
アスパラ 2本

A だし 300cc
みりん 大さじ1
薄口しょうゆ 大さじ1+2/3

 

続きは以下でどうぞ。

食医食ブログ 夢風レター「天皇陛下料理番の和のレシピ3

(2017 年 7 月 18 日)

昭和天皇の料理番・谷部金次郎先生は、1946年に埼玉県本庄市生まれ、1964年に宮内庁大膳課厨房第一係へ奉職されました。

先生は、レシピとは別に「宮内庁大膳課こぼれ話」として一般人では知らない「天皇家の台所」というコラムも書かれています。レシピと共に少しずつご紹介していければと思います。

「大膳課は5つの係に分かれている」のだそうです。

第一係は和食・第二係は洋食・第三係は和菓子・第四係はパンと洋菓・第五係は皇太子様のお住まい東宮御所担当だそうです。

今日の再現レシピをご紹介します。

<阿茶羅着け菊花かぶ>

材料(2人分)
かぶ 2個
甘酢:酢 200cc、きび糖 大さじ1+2/3、塩 小さじ1
赤唐辛子(小口切り) 適量

 

続きは以下でどうぞ。

食医食ブログ 夢風レター「天皇陛下料理番の和のレシピ2」

(2017 年 7 月 17 日)

昭和天皇の料理番として、皇居で26年間奉職、日常の陛下のお食事や儀式、催事の調理を手がけた元宮内庁大膳課「谷部金次郎先生」の料理本をいただきました。

本日より先生の「食材」「調味料」「作り方」を忠実に再現してみたいと思います。

<かぶの含め煮、鷄そぼろあん>

材料(2人分)
かぶ 2個
鷄ひき肉 100g
出汁 350cc

A みりん 小さじ2、うすくちしょうゆ 大さじ1+1/3
水溶き片栗粉 適量

 

続きは以下でどうぞ。

食医食ブログ 夢風レター「天皇陛下料理番の和のレシピ」

(2017 年 7 月 16 日)

今回の石川県への出張では、たくさんの「加賀料理」を試食して帰京しました。

日本の伝統的な食文化は大陸からの文化を基盤として、特に石川県は平安時代から北前船の拠点であり、日本海の海の幸も豊富で、全国からの食材物流の担い手となったと聞きます。

石川県は、海と山の食材の宝庫であり、霊峰白山を源とする水の美味しさと加賀平野が生み出す山の幸にも恵まれて、自然環境が整った食文化の発祥の地のひとつです。

 

続きは以下でどうぞ。

食医食ブログ 夢風レター「加賀の食文化」

(2017 年 7 月 11 日)

ナチュラル・ビレッジでの食医食セミナーを終了し、帰京しました。今回の出張では、いろいろと有意義な情報交換がたくさんありました。

船崎代表は、トモコ薬局という、薬局なのに「薬を売りたくない薬局」と堂々と発言され、すぐ近くに「自然農法の畑」を所有し、とれ立ての野菜で料理教室も実施されています。

私も畑の中に立ち、「無農薬」なので、そのままちぎって食べてみました。
何もつけなくても、トマト・きゅうり・さつまいもの葉もみずみずしく甘味があり、とても美味しい野菜でした。

 

続きは以下でどうぞ。

食医食ブログ 夢風レター「金沢の自然農園見学」